REGULATION

ミズノジム -24時間ジム会則

第1条 (定義)
本会則は、ミズノスポーツサービス株式会社(以下「会社」という。)が運営するミズノジム(24時間ジム)(以下「本ジム」という。)に適応される。
第2条 (運営・管理・目的)
本ジムは、会社が運営・管理を行う。また本ジム会員 (以下「会員」という。)が施設を利用し、健康維持・健康増進を図ることを目的とする。
第3条 (会員)
本ジムは会員制とする。会員は利用する店舗ごとに契約し、契約の範囲内で施設を利用することができる。会員が本ジムを利用する場合、利用する施設に顔認証等で会員本人であることを証明するための情報を提示する義務がある。
第4条 (入会資格)
本ジムの入会資格は、次の各号全てに該当しない方とする。
  • 1. 感染症や伝染病、およびこれに類する疾病を有する方。
  • 2. 妊娠中及び医師から運動を禁止されている方
  • 3. 反社会的勢力やそれに準ずる団体に該当する方。
  • 4. 本会則に同意いただけない方。
  • 5. 中学生以上
  • 6. 本ジムから除名等の通告を受けている方。
  • 7. 本ジムの運営に支障をきたす方。
第5条 (入会手続)
本ジムに入会を希望する場合、本ジムが定める所定の申込方法により入会手続きを完了しなければならない。
第6条 (会費・登録手数料)
  • 1. 会費および登録手数料、また支払い時期および支払方法は会社が定める。
  • 2. 会員は、会費および登録手数料を施設利用の有無に関わらず所定の方法で支払う。
  • 3. 一度納入された会費および登録手数料は、会社が認める場合を除き、いかなる場合も返還できないものとする。
  • 4. 会社は、運営上必要と判断した場合、会費および登録手数料を変更することが可能であり、その場合、会社は1ヶ月前までに会員に告知する。
  • 5. キャンペーン等により、会費・登録手数料等の割引を行う場合がある。
第7条 (会員資格喪失)
会員は、次の各号いずれかに該当する場合、会員資格を喪失する。
  • 1. 会員が所定の方法で退会手続きをした場合。
  • 2. 会員本人が死亡した場合。
  • 3. 会社より強制退会の通告を受けた場合。
  • 4. 本ジムが閉鎖した場合。
  • 5. 会社及び会員に破産・民事再生があった場合。
第8条 (会員の相続・譲渡)
会員は、会員の権利をいかなる場合においても譲渡・相続・貸し出し、また名義変更をできないものとする。
第9条 (休会)
本ジムには、休会制度はありません。
第10条 (退会)
  • 1. 会員は、自己都合等により退会する場合、退会希望月の前月20日までにお問合せフォームにて退会希望送信を完了しなければならない。
  • 2. 会員は、退会の月末までの会費を支払わなければならない。
  • 3. 所定の手続きによる退会が完了していない場合、会員資格は有効となり、本ジム利用の有無に関わらず会費を支払わなければならない。
第11条 (強制退会)
  • 1. 会社は会員に対して、次の各号いずれかに該当する場合、強制退会させることができる。
    • (1)第4条各号の入会資格に該当することが、入会後に判明した場合。
    • (2)第12条各号の禁止事項に該当する行為を行った場合。
    • (3)本ジムが定める会費を2ヶ月以上滞納した場合。
  • 2. 強制退会の通告を受けた会員が、事前に会費等を納入していた場合、これを返還できないものとする。
第12条 (禁止事項)
会社は、施設内において、会員の次の行為を禁止する。
  • 1. 他の利用者やスタッフ、本ジムへの中傷。
  • 2. 他の利用者やスタッフへの暴力行為。
  • 3. 奇声、大声を発する行為や迷惑行為。
  • 4. 叩く、壊す、物を投げる等、他の利用者やスタッフが恐怖を感じる危険な行為。
  • 5. 本ジムの器具・備品を損壊する行為や持ち出す行為。
  • 6. 他の利用者やスタッフに対するストーカー行為。
  • 7. 露出、痴漢等、法令や公序良俗に反する行為。
  • 8. 刃物など危険物・動物を本ジム内へ持ち込む行為。
  • 9. 本ジム内における許可を得ていない物品販売行為、営業行為、勧誘行為、政治活動行為や署名活動行為。
  • 10. 長時間スタッフを拘束する行為。
  • 11. 運動目的以外での長時間滞在する行為。
  • 12. 運動に不適切な服装・装飾・履物による本ジムの利用。
  • 13. 本ジム内での喫煙や飲酒行為。 (電子・無煙タバコ等を含む。)
  • 14. 本ジム利用資格がない方を本ジムへ入店させる行為。
  • 15. その他、本ジムが会員としてふさわしくないと認める行為。
第13条 (入場制限・退場)
会社は、次の各号に該当する方を入場制限・退場させることができる。
  • 1. 第4条の各号に該当すると判明した場合。
  • 2. 第12条各号の禁止事項を行った場合。
  • 3. 正当な理由なく、スタッフの指示に従わない場合。
第14条 (損害賠償責任)
  • 1. 会員が本ジム利用時、会員自身が受けた損害に対して、会社が故意に、または会社に過失がある場合を除き、会社はその損害に対する責を負わないものとする。
  • 2. 会員同士の間に生じた係争やトラブルについて、会社が故意に、または会社に過失がある場合を除き、会社は一切関与せず責を負わないものとする。
  • 3. 会員が本ジム利用中、会員の責に帰すべき事由により、本ジムやスタッフまたは他の会員等の第三者に損害を与えた場合、その会員が当該損害に関する責を負うものとする。
第15条 (持込物)
会員は、持込物を本ジムに預けられず、持込物について自己責任のもと管理する。また会社は、紛失および毀損について賠償する責を負わないものとする。
第16条 (忘れ物)
本ジム利用時に生じた忘れ物は、会社が定める保管期間経過後、会員が所有権を放棄したとみなされ、また破棄されることがある。ただし会社が貴重品として判断した場合は、最寄りの警察機関に届ける場合がある。
第17条 (営業時間)
会社は、営業時間および各種対応時間を別途定めるものとし、変更する場合は1ヶ月前までに会員に告知する。
第18条 (休業)
  • 1. 会社は、次の各号いずれかに該当する場合、施設全体または一部を休業することができる。
    • (1)天災・地変、その他の理由により施設の利用が不可能と認められる場合。
    • (2)施設の改造、増改築、修繕、整備または点検を要する場合。
    • (3)経営上、重大な理由がある場合。
    • (4)その他、本ジムの営業が困難となる事体が発生または、発生が予想される場合。
  • 2. 会社は、月間7日以内の休業の場合、会費は返還しないものとする。
第19条 (利用制限)
会社はイベント等の実施時、運営上必要と判断した場合、本ジムの全体または一部の利用を制限することができ、会員資格をもたない方を利用可能にする場合がある。その場合、会社は1ヶ月前までに会員に告知する。
中学生及び高校生の利用時間は、5時から21時までとする。
第20条 (反社会的勢力)
会社および会員は、相互に反社会的勢力に該当しないものとする。
第21条 (個人情報保護)
会員は、正確な個人情報に対し、提出することを義務とする。会社は、会社の保有する会員の個人情報を、会社が別途定める「個人情報保護方針」にしたがい、それを遵守する。
第22条 (運営システムの改正)
会社は、運営上必要と判断した場合、運営システムを変更することができる。その場合、会社は1ヶ月前までに会員に告知する。
第23条 (会則の改正)
会社は、本会則を改正することができる。その場合、会社は1ヶ月前までに会員に告知する。改正した本会則等の効力は、全会員に適応される。

附則
本会則は、2019年1月1日より施行する。